ねじや土嚢袋など施工に必要な製品を扱う会社|機能や耐久性も高品質

工具

適切に油を処理できる

工場

工事現場での作業中に、ガソリンなどの燃料や、潤滑油をこぼしてしまうことはよくあることでしょう。発電機に入れる燃料をこぼしてしまう場合や、動きの悪くなった電動工具へのメンテナンスの際に潤滑油を流出させてしまう場合など、適切に対処を行なう必要があるでしょう。可燃性の油であれば、グラインダー使用時に火花によって引火する可能性があります。また、現場の敷地外の道路へ流れた場合も注意が必要です。油は水のように簡単には蒸発しないので、シミや臭いが長期間残り続けてしまい苦情がもたらされることもあるのです。このように油が流出した時は、水によって洗浄すればよいと考える人もいるでしょう。しかし、水によって流れた油は排水溝を通り、やがて河川へと流れてしまうことを考えると、安易に水で洗浄することは企業の評判を下げることにも繋がるため問題となります。燃料や潤滑油などの油を除去するには、油処理剤を使用するとよいでしょう。特殊な成分が油を瞬時に分解するので、安全に処理することができるでしょう。

油を分解する成分と聞けば、多くの人は洗剤と同じような成分であると考えるでしょう。河川に家庭用洗剤を流すことは川の生態系にも大きな悪影響をもたらすので、どのみち使用することはできないのでは、と思う人も多いものです。しかし、この油処理剤は通常の洗剤とは異なります。家庭用洗剤とは異なり、環境負荷の低い陰イオン系の界面活性剤を使っているので、河川に流れた場合にも影響はほとんどないのです。また、油処理剤には天然由来の成分で作られた消臭剤も含まれているので、使用することでガソリンなどの刺激臭もすぐに除去できるでしょう。油処理剤を購入することで、ISO14001への対処にも利用ができるので、取得を考えている会社であれば必ず購入しておきましょう。